お知らせ

2024/02/13

不快な感覚を克服!骨折やその他の身体の不調への対策と効果的な予防法 その①

骨折・怪我

博多の仙骨無痛療法【MRT博多】から、今回は、健康情報『骨折』についてお伝えして参ります。


◆ 怪我や事故により身体がダメージを受けて骨折や捻挫、打撲など経験したことはありますか?


 このような突然の不慮の出来事は、身体のみならず精神面にとっても大きなストレスとなりますが、適切な対処法と回復プロセスを知っておくことで、快適な回復を促すことができます。

以下は、一般的に言われている骨折に対する効果的な対処法です。

①早期診断と治療:骨折を疑った場合は、必ず病院を受診し、レントゲンを撮って骨のずれが許容できる範囲か確認しましょう。

②適切な固定:骨折部位を添え木や板切れで固定し、安定性を保ちます。適切な固定が骨折の回復を助けます。

③リハビリテーション:骨折後のリハビリテーションでは、治癒過程を阻害せずに骨折部周囲の筋肉と関節の機能を獲得し、全身の機能を維持することが重要です。


  MRTの仙骨無痛療法では、上記のことは、当たり前として、更に自分自身の治癒力、免疫力を高めることで、早期回復できることを知っています。 それが、MRTの仙骨無痛療法なのです。


◆骨折こそ一番にMRTの仙骨無痛療法が必要


 骨折には、現代医学の概念にもあります、骨が外に飛び出しているような開放性の骨折と、外傷のない骨折とがあります。 開放性の骨折の場合は、病院へ行って緊急の処置をする必要もありますが、外傷のない骨折の場合は、まずMRTの仙骨無痛療法が一番に必要なのです。

 

 骨折をした場合は、痛みと腫れの症状を伴い、夜眠れなくなることも多くあります。当然、眠れないと回復が遅くなります。そんなとき、なるべく早くMRTの仙骨無痛療法を受けて頂くことをお勧めします。

 仙骨無痛療法を受けると、まず痛みが軽減し、患部の腫れが引いていきます。



◆「『骨』の細胞は、自分の元々の位置を知っている」


「『骨』の細胞は、自分の元々の位置を知っている」ということです。MRTの仙骨無痛療法を受けることにより、本来あった位置に早く戻っていこうとします。

 自分の身体の細胞が本来の位置に戻り、元通りに修復しようとします。


 複雑骨折をしたような方でも、MRTの仙骨無痛療法を受けて一切手術なしで、きれいに骨がくっついたという例もあります。


 足の骨を折り、ギブスをして松葉杖をついて来られた方が、すぐにMRTの仙骨無痛療法を週に数回受けたことで、医者からは「治るのに3ヵ月かかる」と言われていたのに、わずか3週間で骨がくっつき、1ヵ月後には小走りができるようになったという方もいます。


 また、足の親指を骨折した方が、まずはMRTに行こう、と1回仙骨治良を受けてから、病院でレントゲンを撮ったところ、既に骨がくっついていて、医者が「これはひびが入っているだけで骨折ではない」と間違えてしまうこともありました。(その後、2週間後にレントゲンを撮ると、医者は「確かに骨折した痕がある。僕が診たときは確かに骨がくっついていたのに・・・」という後日談まであります。)

 このような体験談からも、「『骨』の細胞は、自分の元々の位置を知っている」のであり、MRTの仙骨無痛療法は、本来あった位置に早く戻っていくご自分の治癒力を根本から取り戻すためことをしています。  



いかがでしたか?骨折してしまったときこそ、MRTの仙骨無痛療法が必要なのですね。医者に任せるか、MRTに来られるかによって、その後の修復にかかる時間と内容には大きな差が出るのですね。


不快な感覚を克服!骨折やその他の身体の不調への対策と効果的な予防法  骨折に対する効果的な対処法と快適な回復プロセス その②では、さらに、骨折や怪我をしたおtきには、なぜMRTの仙骨無痛療法が効果的なのかについて、もう少し詳しくお話ししていきます。


スポーツで骨折して全身の不調が続くも、MRTの仙骨無痛療法で改善した | 体験談|仙骨無痛療法のMRT博多で腰痛・膝痛・肩こりを改善 (mrt-hakata.com)



CONTACT

お電話予約