頭痛も腰痛も『仙骨』が原因だった! MRTの仙骨無痛療法で55年来の頭痛、45年来の腰痛が改善! 頚椎ヘルニアの腕の痺れまで消えた!

体験談

2024/01/16

おばあさん1
年齢

70歳代

性別

女性

◆視力低下から15歳で片頭痛持ちとなり、鎮痛剤を持ち歩く日々


 私は15歳の高校生くらいの頃から頭痛持ちでした。中学生になってから視力が極端に落ちてしまい、近視と乱視で分厚いメガネをかけていました。 両親は、視力を回復するために眼に良いというサプリを買ってくれたり、視力回復センターに通ったりしましたが、結果的にはあまり改善がなく、そのうち眼の奥の痛みから頭痛が出るようになったのが19歳頃でした。

 痛みで困っている私に母親は市販の鎮痛剤を買ってくれました。その当時、発売されたばかりの鎮痛剤は飲むと痛みが消えましたので、「薬ってすごいな~」とそれからは市販の鎮痛剤を買っては気軽に飲んでいました。

 

 社会人になってからも、週に4~5回は頭痛で鎮痛剤を飲むような状態で、頭痛で痛がる私を心配した母親の勧めで近くの内科を受診しました。 医師からは「視力が落ちて眼を使いすぎるのでしょう。片頭痛ですね。」ということで、鎮痛剤が出ました。

 「やはり、これしかないのか。鎮痛剤しか治らないのだ」と思いました。痛み止めは飲めば痛みが楽になるので、毎日服用できる薬と、それでも頭痛が強いとき用の薬(頓服薬)といつも鎮痛剤を持ち歩く日々でした。



◆30代の頃から腰痛となり、マッサージ機が手放せない日々  

 

 近視も強く乱視も相変わらずでしたので、事務仕事は長くは続かずに、飲食店の接客業の仕事をするようになってからは、身体を動かしたり、食器を運んだりで身体を酷使するようになったためか、30代後半からは腰痛持ちになっていました。

 頭痛に腰痛に、身体の痛みを何とかしたくてその当時流行っていたマッサージチェアを購入しました。自宅で簡単にマッサージができるのが気軽で、もみほぐされて気持ちよく、仕事が終わって自宅に帰るとマッサージ機にかかることが日課になっていました。 しかし、薬もマッサージ機もその場限りであり、何度も繰り返します。時々、「一生、このまま頭痛も腰痛も治らないのかな・・・」と一抹の不安が出てきますが、簡単に症状が消える気軽さに鎮痛剤も、マッサージ機も手放せないようになっていました。


◆60歳を超えると頭痛、腰痛が一気に悪化し、頚椎ヘルニアとなる


 そんなある日のことです。いつものように仕事から帰宅してマッサージ機にかかっていると、段々、頭痛がしてきて気分が悪くなりました。マッサージ機を止めて立ち上がると、頭痛が酷くなって、ふらついてその場で転んでしまいました。それから一気に体調が悪くなって、全身がだるくて辛くて、頭痛に加えて、首から背中の痛み、腕まで痺れて腰も痛いしで、寝込んでしまいました。


 今までにない、体調の悪さに67歳の時に近医を受診すると、大きな病院を紹介されました。「ええ~、いつものように薬で治る病気ではないの~・・・」と不安を抱えながら大きな病院の脳神経外科を受診しました。MRI検査の結果、医師からは片頭痛と頚椎ヘルニアと言われました。

 さらに、「交通事故やスポーツで怪我をすると頚椎ヘルニアになりやすいですが、そうではないようですので、徐々に脊髄が圧迫されてヘルニアになったのでしょう。」と言われて、牽引治療のリハビリに通院するように言われました。そうして鎮痛剤が出ました。「やっぱり薬かぁ・・・」と病院に行っても薬しかないのかと思いましたが、医師が言うように牽引治療に週2~3回通い始めました。  

 牽引治療をして3ヵ月経過しましたが、何も変わらない感じで、片頭痛も腕の痺れも相変わらずで肩凝りまで出始めました。医師に話すと、更に違う種類の鎮痛剤が処方されて、痛み止めの注射をしてくれました。  その注射のせいか、その翌日から具合が悪くなって寝込んでしまいました。顔色も悪く、ほとんど食事を摂らない私の様子が心配になった息子がインターネットでいろいろ調べてくれて、鎮痛剤の飲み過ぎも良くないと、薬を取り上げられました。

 そうなると、痛くなったら、耐えられないと、息子と言い争いとなり、家族関係まで悪くなってしまい、この先、どうすればよいのかと途方に暮れているところに、息子から、「病院以外にもお母さんの病気が良くなるところを見つけたから行ってみよう」と話してくれたのがMRTの仙骨無痛療法でした。


◆MRTの仙骨無痛療法を信じて通うことを決める  


 これ以上、息子と仲たがいしたくないと、MRTを信じるというより、息子との仲直りがしたい気持ちがあったので、息子が勧めるまま福岡の天神にあるMRT博多に電話をして予約を入れたのが、72歳の時です。

 MRT博多は、小綺麗な感じのオフィスで、「ここは本当に治療所?」と思いました。待合室では、元気に笑顔で通っている方が多く、「病気の人いないわね・・・。やっぱり、私、間違えたんだわ」と受付で尋ねると、「はい、ここがMRTで仙骨無痛療法をするところです。皆さん、MRTに通われて仙骨を整えるとお元気になられているのですよ」と聞いて、「本当かな~。私のように酷い症状の人がいないんだわ」と思いました。


 治療室に呼ばれて、重心バランスを測定してみると、両足が地面についていない状態でした。担当の先生より、「仙骨の歪みが全身のバランスに現れます。地に足のついていない不安定な状態は、身体のみならず精神的な不安定なことまで、MRTで仙骨を整えると改善する方が多いのですよ。」と丁寧に説明してくださいました。そうして、「●さんの頭痛も腰痛も首や肩や腕のしびれまで、全てが仙骨の歪みからですから、必ずMRTの仙骨無痛療法をしていくと全ての症状が変化していきますので楽しみに通ってください」とお聞きして、「先ほど見たあの元気そうな人々は、もしかしたらMRTの仙骨治療で良くなったからなのかもしれない。試しにやってみよう」とやる気が出てきました。


 そうして、その日の夜は、いつもより早く眠くなり、ぐっすり眠れて翌朝は、とても清々しい気持ちで起きました。



◆頭痛、首・肩凝り、腰痛から腕の痺れまで、あちこち痛みが移動しながら症状が軽くなる。仙骨が大事であることを実感する。


 翌日もMRT博多に仙骨治療を受けに行きました。そうして、担当の先生から、「まずは3ヵ月間は定期的に仙骨を整えるために通っていただくことが、早く良くなる近道ですよ」と話していただき、3ヵ月間は、週2~3回通いました。


 10回目の仙骨治療くらいまで、毎回、すごく眠くなって翌朝の目覚めの良さには驚きです。眠くなることは、MRTで仙骨を整えたことで、身体を治そうと副交感神経が優位になって身体を癒してくれていることをお聞きして、MRTは本当に限局した部分だけを治す治療ではないことを実感しました。


 3ヵ月が過ぎた40回目の治療の頃には、ほぼ毎日悩まされていた頭痛が週1~2回程度に減っていました。腰痛はあるのですが、歩くのが楽になっているので、痛みが軽くなっていることを実感しました。


 MRTを受けて6ヵ月が過ぎた頃には、首から肩から腕から、痺れや痛みが強く出ることがありました。担当の先生から、「昔の強い症状は一時的なもので、長くは続きませんから安心してください。昔の症状が出た後には、仙骨が整ってきているからです。必ず症状が軽くなって改善していることを実感しますので安心してください」と励まして頂きました。 不安でくじけそうになっていましたが、自分の仙骨を信じて、MRTに通うことを続けると、1週間後には、腕の痺れがとれて、首や肩の痛みを感じなくなっていました。

 その後も、頭痛や腰痛が出たりしますが、軽く出ては症状が消えて、出ては消えてを繰り返しながら、症状は良くなっていきました。


◆1年後には54年間飲み続けた鎮痛剤を一切手放した!  仙骨の素晴らしさを実感


 そうして、1年後には54年間飲み続けていた鎮痛剤を一切やめました。 何か心配事、イライラすることがあると、片頭痛が出ます。症状が軽いのと、何より、病期、症状の原因が何かがわかるようになって、むやみに痛みを止めようとせずに、自分自身を見つめ直して、仙骨を意識すると気持ちが楽になり、自分自身を整えていくことを中心にすることで症状が消えることが分かったことが薬を手放せた大きな気付きです。


 そうして、MRTの仙骨無痛療法を探し当てた息子に大変感謝しています。今では、息子もMRTに通いようになりました。私の変貌ぶりに自分からMRTに予約をしていました。これも、仙骨が整うことで親子の関係が戻っています。大変、得難い経験をしました。

 76歳の今は、頭痛も腰痛も『仙骨』が原因だったことに気付き、継続してMRTの仙骨無痛療法を続けたことで、55年来の頭痛、45年来の腰痛が改善したことだけではなく、さらに頚椎ヘルニアの腕の痺れまで消えました。  

 この先の残りの人生は短くても、ここまで健康と言える自分は、今が最高だと感じています。  これからも、自分を大事にしながら残りの人生をMRTに通いながら謳歌していきたいです。


★体験談は個人の感想であり、MRT仙骨治良(仙骨無痛療法)による効果を説明するものではありません。 こちらの体験談のように、MRT仙骨無痛療法(MRT博多)に通われている方には、最初は、腰痛、肩凝りなどの病気症状の改善で通われているうちに、人間関係・家族関係が良くなられたという方が数多くいらっしゃいます。 是非、MRT博多にお越しください。


MRT博多は、地下鉄七隈線【天神南駅】徒歩2分、西鉄(福岡)天神駅・地下鉄空港線【天神駅】、西鉄高速天神バスセンターからも徒歩4~5分に位置しています。こちらの全ての公共機関から繋がる天神地下街【12番東b】出口の目の前にMRT博多は位置しておりますので、雨にも濡れずにお越し頂けます。 お気軽にお問い合わせください。お電話または、オンラインで予約できます。 【MRT(マート)仙骨瞬間無痛良法】 微弱な磁気によって『仙骨』の変位を読み取り専用のMRTテーブルで瞬間・無痛に調整します。1981年の創設以来、全国12ヵ所のMRTオフィスで延べ400万人以上の実績があります。


★腰椎ヘルニア⇒腰椎椎間板ヘルニアの激痛がMRTで劇的に回復する (mrt-hakata.com)


MRT博多からのお知らせ

㏋用IMG_4685
あなたが知らなかった健康情報
2024/05/22

MRT仙骨無痛療法と「アミン」の関係

仙骨無痛療法のパイオニア、全国ネットワークのMRT博多 担当リーディングセラピスト島田です。 このページを開いた方は、こちらの...

久留米市千光寺の紫陽花
お知らせ
2024/05/22

6月のお休み

6月のお休み:日曜日 と6月10日(月)6月 8日(土)は研修会のため、受付は11時30分までとなります。【受付時間】月~土:午前 10:00...

腰痛①
あなたが知らなかった健康情報
2024/05/09

日本人の国民病!? 腰痛を知ろう!!

 MRT博多リーディングセラピストの島田です。 腰痛は、日本人の国民病と言えるほど多くの人々が悩んでいる健康問題です。ここ数年...

2025.05ネモフィラ
お知らせ
2024/04/24

5月のお休み

5月のお休み:日曜日 と5月13日(月)5月 11日(土)は研修会のため、受付は11時30分までとなります。5月のゴールデンウイーク3(金)・...

328号逆行とは
あなたが知らなかった健康情報
2024/04/16

そもそも逆行って何!?

皆さん、こんにちは! MRT博多のリーディングセラピスト、仙骨治良を担当しています。島田です。MRT仙骨治良(MRT博多)に通われ...

福岡市舞鶴公園の桜
お知らせ
2024/04/11

4月のお休み

4月のお休み:日曜日 と4月15日(月)4月 13日(土)は研修会のため、受付は11時30分までとなります。4月 29日(月)は祝日のため、午...

逆行②
あなたが知らなかった健康情報
2024/02/28

逆行について②

皆さん、こんにちは! MRT博多のリーディングセラピスト、仙骨治良を担当しています 島田です。MRTの仙骨無痛療法を受けるようにな...

逆行①
あなたが知らなかった健康情報
2024/02/26

逆行について①

皆さん、こんにちは! MRT博多のリーディングセラピスト、仙骨治良を担当しています。島田です。MRTの仙骨無痛療法を受けるようにな...

骨折・怪我③
あなたが知らなかった健康情報
2024/02/14

不快な感覚を克服!骨折に対する効果的な対処法と快適な回復プロセス その②

前回は、◆骨折こそ一番にMRTの仙骨無痛療法が必要というお話をしました。(詳しくは、こちらをご覧ください。⇒ https://www.mrt-hak...

骨折・怪我
あなたが知らなかった健康情報
2024/02/13

不快な感覚を克服!骨折やその他の身体の不調への対策と効果的な予防法 その①

博多の仙骨無痛療法【MRT博多】から、今回は、健康情報『骨折』についてお伝えして参ります。◆ 怪我や事故により身体がダメージを受...

記事検索